ホーム » 小児矯正

小児矯正

さくら矯正歯科では第一期治療(乳歯を含む歯列の治療)での改善につとめています。

当院の小児矯正の特徴

  • 豊富な治療経験のもとカウンセリング時にお子様に合わせた最適な治療方法をご提案します。
  • 保育士免許を持つスタッフがいますので、お子様連れでも安心して治療を受けて頂けます。
  • 院長も2児の母で、子育て経験が豊富な衛生士が多数在籍しています。
  • 小さなお子様でも治療を進めやすい「取り外し可能な矯正装置」を採用しています。
  • 小児期の治療に有効な「筋機能療法・舌機能療法」を積極的に取り入れています。

当院の小児矯正について

お子様の歯並びが気になる方から「いつから矯正したらいいの?」というご質問をよく頂きます。一般的には小学校1〜2年生のころに相談するのが良いといわれており、この時期は幼児期から脱していく時期で精神的にも肉体的にもたくましく成長し、矯正治療についても自分なりに理解できる年齢になっていることが大きいと言えるでしょう。

もちろん、お子様の発育状況にもよりますので、もっと早い段階でご相談を頂いても問題ありません。
当院では、相談を受けたからといって、すぐ治療を進めるようなこともいたしませんので、安心してお越しください。後戻りはできませんので、気になる方は早めにこしたことはありませんので、お気軽にどうぞ。

ドクター側からみても、小さいうちは「歯が動きやすい」「あごを広げやすい」「骨格的な改善をしやすい」などの利点があります。ただ、歯が動きやすい分、正確な診断や高い技術力が求められますので、なるべく小児の治療に慣れているドクターをおすすめいたします。

お子様が嫌がることが多い「矯正装置」については、最大限の配慮をしています。
早く治るという点では固定式に分がありますが、毎日のことでもありますので、使いやすさも考慮し取り外し式の矯正装置も広く取り揃えております。基本的には、患者様の歯並びの状態によって使い分けることが多いので、ケースバイケースで最適なものをご提案させて頂きます。どうしても装置を着けたての時は、「違和感・圧迫感・(人によっては)軽い痛み」のようなものを感じることがありますが、ほとんどの方が2~3日でなれてしまいますので、ご安心ください。

当院では、小児の方でも治療に入りやすいように第一期治療(乳歯を含む歯列の治療)と第二期治療(永久歯に交換した後の治療)で分けて行っており、できるだけ第一期治療で今の歯並びが改善されるようにつとめています。

小児矯正で行う治療法・装置

  • MFT(マイオ・ファンクショナル・セラピー)
    さくら矯正歯科では、MFTの専門家を招いての勉強会も定期的に行っております。
  • ファンクショナルアプライアンス
    小学校入学前後の「歯の生え変わり」の時期に、前歯の生え変わりをサポートする装置です。取り外しが可能なため、お子様でも使いやすい装置となっています。
  • フェイシャルマスク
    上顎骨前方牽引装置とも呼ばれ、受け口の治療で使用します。

小児矯正のご相談は、ぜひカウンセリング予約をお取りください。

0529149821
メールご相談フォーム
私たちがお待ちしております